脂肪肝で気をつけたい食事

脂肪肝で気をつけたい食事

脂肪肝の原因が肥満の場合が多いのは、よく知られています。中には、ダイエットによって栄養バランスが崩れて脂肪肝を起こしてしまうこともあります。

 

いずれの場合も、食事の内容が脂肪肝を招いてしまったといえます。ここでは、どんな食事が脂肪肝の予防や解消になるのかについてお話しましょう。

 

肝心なのはカロリーではない

 

脂肪肝の対策として食事に気をつけようと思うと、まず多くの人が考えるのがカロリー制限です。しかし、ダイエットにも脂肪肝にもカロリー制限は最重要の課題ではありません。

 

というのも、中にはカロリーを抑えれば高脂肪や高糖質のものを食べてもいいと思ってしまう人がいるからです。

 

それこそ脂肪肝には大敵で、カロリーを適度な摂取量に合わせても脂肪や糖質のとりすぎはよくないことに気づかず、脂肪肝を悪化させてしまうのです。

 

一番大切なのは、栄養バランスに気をつけることだと忘れないようにしましょう。大好きだった脂質の多いもの、甘いものなどは、控えめにすることです。ただし、脂質も糖質も体を動かすためには最低限必要になるので、全くとらないというのもよくありません。

 

食事の時間に気をつける

 

食事の栄養バランスに気を使えるようになったら、食事の時間にも配慮すべきです。何時でもお腹が空けば食べるというのは、お腹が空いてなくても食べるのと同等なおすすめできない行為です。

 

体には体内時計があり、肝臓でもその時計に従って働いています。食事が規則正しく入ってこないと、肝臓があれ?おかしいなと調子をくずして機能に負担をかけてしまうのです。2食ないし3食をなるべく決まった時間に食べるようにすること、これも重要なことです。

脂肪肝気味と言われた方必見!

 

脂肪肝に効くサプリメントランキング!第1位は?