ストレスによる脂肪肝

ストレスによる脂肪肝

嫌なことや悲しいことがあったときに、ストレスを受けることがあります。しかし、ストレスはもっと日常的に様々なシーンから発生します。

 

暴飲暴食から生まれるストレス、人間関係、働きすぎ、肉体疲労、病気、紫外線などの環境からもストレスは生じるのです。

 

ここでは、脂肪肝とストレスの関係についてお話しましょう。

 

中性脂肪の生成

 

ストレスは、思った以上にエネルギーを消費するものです。エネルギーが減ってくると、人は自動的にエネルギーを蓄えようとします。

 

この先、生き続けていけるかどうかがかかっているからです。エネルギーの主な成分は脂肪から変換されるため、どうしても中性脂肪を蓄えることになってしまいます。

 

ところが、ストレスを解消するときに蓄積した脂肪が全て使い切られるとは限りません。上手く中性脂肪を消費できずに、たまった脂肪がそのまま肝臓内に居座ってしまうことも多いのです。当然、脂肪肝の状態が進行していくのは目に見えています。

 

休息が一番

 

では、ストレス解消には何がいいのかといえば、休息が一番です。いろいろなストレス解消法がありますが、休息することに比べたら大した効果はありません。

 

人間は、基本的に朝起きて夜眠るように出来ています。体の構造が大昔からそのように出来ており、睡眠をとることで一日の心身の疲れを回復できるのです。

 

食生活の乱れを招いているうえに、生活習慣を乱して睡眠不足になっているなどとなったら、自ら体を壊しているようなものです。疲れたらこまめに休息をとるようにし、毎日熟睡できる時間を作れるよう努力しましょう。

脂肪肝気味と言われた方必見!

 

脂肪肝に効くサプリメントランキング!第1位は?