脂肪肝対策の禁酒

脂肪肝対策の禁酒

 

アルコール性の脂肪肝に限らず、アルコールは肝機能に負担を与えます。肝機能の一つがアルコールの分解にあるので、普段の生活に飲酒がプラスされると肝臓の仕事が増えてしまうのです。そのため、脂肪肝の対策には、アルコールを控えることが効果を発揮します。できれば禁酒、難しければ節酒を心がけるようにしたいですね。

 

アルコール性の脂肪肝

 

お酒を大量に飲み続けていると、アルコール性の脂肪肝から肝炎や肝硬変へと病気が進行してしまう可能性があります。

 

アルコール中毒になってしまう恐れもあるので、飲み過ぎは禁物です。量の問題ではなく、少量ずつでも常飲することがよくないという説もあります。

 

また、アルコールの分解能力には個人差があり、少量でも肝臓に大きな負担がかかってしまう人もいます。これらを考慮して、お酒をどのくらい飲んでいるか、どのくらい節酒できるかを見直してみることをおすすめします。

 

脂肪肝に多いアルコール依存症

 

近頃、女性でお酒を飲む習慣を楽しみにする人が増加し、このことから女性のアルコール依存症患者が増えたといわれています。

 

女性タレントがおいしそうにお酒を飲む姿を宣伝するCMなども、問題視されました。脂肪肝の人には、アルコール依存症も併発している人が多いといいます。

 

アルコールだけが肝機能を弱らせるわけではなく、他の日常生活でも肝機能は大いに使われるのに、アルコールを分解するためにさらに肝臓は酷使されることになるのです。アルコール分解のために日常に必要なエネルギーを作りにくくなり、栄養状態が悪くなったり力が出なくなってしまうこともあります。

 

アルコール依存症になると薬物依存同様になかなか抜け出せなくなるため、脂肪肝を悪化させて肝硬変などに至ってしまうこともあります。悪循環極まりないため、アルコールとは別の楽しみを見つけることも考えてみましょう。

脂肪肝気味と言われた方必見!

 

脂肪肝に効くサプリメントランキング!第1位は?