脂肪肝対策に役立つタウリン

脂肪肝対策に役立つタウリン

栄養ドリンクに多く含まれていることで、おなじみのタウリン。実は、普通の食品にも多く含まれているものがあります。

 

タウリンは脂肪肝対策にいい栄養素ですが、栄養ドリンクには他に体によくない成分が含まれていることもあるので、なるべく食事からとるようにしたいですね。

 

ここでは、タウリンと脂肪肝の関係についてお話しましょう。

 

タウリンの働き

 

タウリンが脂肪肝を解消してくれるといわれているのは、その作用に中性脂肪の除外や排出があるからです。

 

さらには、アルコールの分解も手伝ってくれるので、肝臓にとっては強力な味方です。栄養ドリンクや二日酔い防止のためのドリンクなどにタウリンが多く含まれているのも、このようなわけです。

 

他にも、タウリンには肝機能を助ける様々な働きをしています。例えば、肝細胞の再生や細胞膜の安定化、胆汁酸の分泌などもその一例です。

 

胆汁酸が増えれば、コレステロール値が低下してくれます。インスリンの分泌も促進してくれるタウリンは、糖尿病すら防いでくれるのです。

 

タウリンを多く含む食品

 

肝機能を助けてくれるだけでなく、糖尿病や高血圧など生活習慣病全般に役立ってくれるタウリン。食品では、どんなものがタウリンを多く含んでいるのでしょうか。

 

代表的なのは、貝類やイカ、タコ、魚介類などです。貝類の中では、特に牡蠣がタウリンをたっぷり含んでいます。牡蠣には亜鉛なども多く、男性を力づけてくれるためにもいいとされています。たった数粒食べるだけでたっぷりの栄養をとれることから、旬にはたくさん食べておきたいですね。

 

イカやタコなども、比較的安価に手に入る魚介類です。タウリンをとるのに便利な食品ですから、積極的に食べるようにしましょう。

脂肪肝気味と言われた方必見!

 

脂肪肝に効くサプリメントランキング!第1位は?