脂肪肝の種類

脂肪肝の種類

脂肪肝には種類があり、その原因はそれぞれ異なります。血液検査などから原因は大まかにわかりますが、脂肪肝の多くは生活習慣や食生活の乱れが原因となっています。

 

脂肪肝になる前に気づいて改善するのがベストですが、健康診断などで注意されたら普段の生活を振り返ってみることが必要です。

 

食生活の乱れによる脂肪肝

 

食べ過ぎや飲み過ぎに加えて運動不足、そんな現代人はたくさんいるでしょう。脂肪肝の中でも最も大きな原因となる食生活の乱れからなる脂肪肝にも、いくつかの種類があります。過栄養性脂肪肝は、簡単にいえば肥満による脂肪肝です。

 

高カロリーで高脂肪のものを取りすぎて脂肪酸が増加し、肝臓内に中性脂肪がたまっていくのです。栄養障害性脂肪肝は、ダイエットのしすぎが原因です。

 

糖質や脂質をとっているわりにビタミンやたんぱく質などの栄養素が足りなくなるため、肝臓に負担がかかるのです。

 

アルコール性脂肪肝は、お酒を飲むことによってアルコールの分解に肝臓機能が疲れ、脂肪肝を引き起こしてしまいます。お酒の量によらず、自分の体質がアルコール分解能力に欠けていると思ったら節制することが必要です。

 

病気などによる脂肪肝

 

糖尿病性脂肪肝は、糖尿病のためにインスリンが不足して肝機能が低下してしまう脂肪肝です。糖尿病の原因は食べ過ぎや飲み過ぎからくる場合も多いので、食生活と生活習慣には要注意です。

 

薬物性肝障害による脂肪肝は、ステロイドをはじめとした薬物の影響で脂肪の代謝がしにくくなってしまいます。

脂肪肝気味と言われた方必見!

 

脂肪肝に効くサプリメントランキング!第1位は?