脂肪肝 対策 サプリメント

脂肪肝対策にサプリメントが良い?

当サイトは脂肪肝の対策におすすめのサプリメントを紹介しています。脂肪肝は肝機能の低下に伴う病気のため、肝臓の働きを助ける栄養を補給してあげることが、脂肪肝対策に効果的になります。

 

脂肪肝サプリメントランキング

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、脂肪肝に悩む人、肝臓の働きが心配な人、などのために作られた専用サプリメントです。肝臓のために必要なタウリン・オルニチン・スクワレン・シスチン・ビタミン類など豊富に配合。素材からこだわって作られているため、確かな肝宝の力を実感できます。数値に不安を感じた、食生活、お酒の飲み過ぎが気になる人におすすめです。

価格 980円
評価 評価5
備考 脂肪肝対策専用

 

サラシアプラスの特徴

サラシアプラスは、名前の通りサラシアを中心に多数有効成分を配合したサプリメントです。サラシアのほかギムネマ・白インゲン・ウコン・桑の葉・グアバ葉など11種類もの成分を理想的なバランスで配合しています。肝臓の働きを助けるとともに不要な糖質をカットし生活習慣病予防に役立ちます。

価格 6462円
評価 評価4
備考 肝心な働きを高める!

 

しじみにんにく極の特徴

しじみにんにく極は、肝臓疲れをサポートするしじみとにんにくの栄養を凝縮したサプリメントです。しじみに含まれる良質なアミノ酸とにんにくに含まれる強力なスタミナ成分アリシンとを上手に配合し疲労回復に努めるサプリメントに仕上がっています。数値はもちろん、疲れ、体が重いと感じる方におすすめです。

価格 1782円
評価 評価3
備考 肝臓疲れの回復に!

 

脂肪肝になってしまう原因

 

脂肪肝は肝臓に余分な脂肪がたまってしまう状態、なぜこのようなことになるのかといえば食べ過ぎや飲み過ぎが大きな原因です。

 

そもそも脂肪はエネルギーに変換して体を動かしたり考えたりするために必要な成分ですが、体内にあまってくると肝臓に蓄積されてしまいます。すると肝臓の働きが悪くなり、肝機能障害などを引き起こしてしまう可能性があります。そのため、脂肪肝は要注意の病気なのです。ここでは、脂肪肝の原因について何がいけないのかをお話しましょう。

 

肝臓の働き

 

肝臓は体内の化学工場とも呼ばれ、貯蔵庫のような役割も果たしています。食べたものは腸に運ばれ、肝臓へと運搬されます。肝臓では栄養成分を代謝しエネルギーに換えますが、すぐにエネルギーとして使われなかった分はしかるべきときのために貯蔵されるのです。

 

栄養素の消化吸収に欠かせない胆汁の生成や分泌、アンモニアの代謝を含む体内の毒性物質を解毒する機能も肝臓は持っています。

 

これらの働きが機能しなくなれば、人は生命を維持するのが難しくなります。そのため、肝臓は大事にいたわらなければならないのです。

 

肝臓は様々な働きを黙々としてくれるため、沈黙の臓器と呼ばれています。もうこれまでだというときまで働いてくれるのですが、そのときにはもう手遅れとなっていることが多いのです。

 

暴飲暴食によって

 

食べ過ぎや飲み過ぎは、一日や二日してしまったから肝臓機能に決定的なダメージを与えてしまうとは限りません。現代人は、日頃から必要とする以上に食べたり飲んだりしています。そのため、普段から十分に栄養が足りている状態です。にもかかわらず暴飲暴食をしてしまうと、余分な脂肪が肝臓にたまりやすくなるのです。

 

肝臓は常にもくもくと働いていますから、普段の働きだけでもお疲れです。そこへ普段以上の働きを要求するのは、酷なことです。肝臓が働けなくなって脂肪がエネルギーにならなくなり、蓄積されてしまうとどうなるか。

 

肝機能が悪くなるだけでなく、血中にも脂肪が流れやすくなりドロドロの血液が動脈硬化などを引き起こしかねません。

 

肝臓に脂肪が溜まりすぎると危険!

 

脂肪のたまりすぎがよくないといわれても体の中で脂肪がどんな風にたまっているのか見えないだけに意識しにくいと思う人もいるでしょう。

 

すでに外面にまでわかりやすく脂肪が現れてしまっている人でも内面の脂肪については認識不足であることがほとんどです。ましてや痩せ型の人などは中性脂肪がたまっていることもあるなどとは思いもしないのではないでしょうか。ここでは肝臓内の脂肪についてをお話しましょう。

 

中性脂肪で占められる肝脂肪

 

濃厚でうまみたっぷりのフォアグラ、それが肝臓内にぎっしり詰まっているような状態が脂肪肝です。わかりやすくていいじゃないかと思う人もいるかもしれませんがとんでもないことです。

 

そもそも肝臓内にある脂肪はほとんどが中性脂肪。人間は脂肪をエネルギーに変えて生きているため適度には必要ですが過剰になると悪玉コレステロールも増加してそれらが血管にへばりつくような現象が起きてきます。

 

すると血液の流れが悪くなり動脈硬化などの深刻な病気を引き起こしかねないのです。エネルギーにもなり体温の調節にも使われる中性脂肪ですが多すぎると困った事態になってしまうということです。

 

脂肪が5%以上になると

 

では、適度な量の肝脂肪はどのくらいかというと3%から5%までが通常働いている肝脂肪だとされています。5%を超えてしまうと脂肪肝になる恐れがあるということです。

 

中性脂肪となりやすい食べ物や飲み物は現代の日本の食生活には非常に多く食べ過ぎや飲み過ぎはもちろん何を食べるかにも気をつけておかないと脂肪肝を招いてしまいます。

 

改善できる病気だといっても脂肪肝になってから食生活を変えるのは大変なため日頃から健康的な生活には心がけておきたいですね。

 

脂肪肝を減らすには?まずは食生活の見直しから

 

肝臓に脂肪が過剰に蓄積された状態、脂肪肝。脂肪を減らすためには食事制限や運動をしてダイエットをする必要がありますが、肝臓の脂肪を減らすためには肝臓に負荷をかけないようにする注意も必要です。

 

というのも、単に食べないダイエットをしてしまうと、肝臓は自分のタンパク質を分解してブドウ糖を作るような働きをしてしまうからです。

 

この作業は肝臓に重い負荷がかかるため、肝臓にダメージがおよんでしまう恐れがあります。ではどうやって脂肪肝を減らせばよいかといえば、脂肪と糖質を控えつつ、良質なタンパク質をとるのが効果的です。

 

また、アルコールも控えめにし、食物繊維やビタミン、ミネラルもバランスよく摂取するようにしましょう。思い切りよく痩せればよいわけではないため、体重や体脂肪率は適正を目指すのがおすすめです。アルコールは、飲む量を少なくするだけでなく、週に2〜3日は休肝日にすることも大切です。

 

脂肪肝に効く栄養、サプリ成分の補給!

 

脂肪肝に効果的な栄養成分には、タウリンやオルニチン、サポニン、セサミンなどがあります。タウリンやオルニチンといえば、肝臓の働きをサポートしてくれる成分としてよく知られていますよね。お酒をよく飲む人にとっても、おなじみの成分でしょう。

 

本来は肝臓で解毒されるはずのアルコールや糖分、脂肪分などが肝臓に蓄積されてしまうのは、食べ過ぎや飲み過ぎなどによって肝臓がついに疲れてダウンしてしまうからです。

 

タウリンは肝細胞の再生や細胞膜の安定などに役立ち、肝機能を助けてくれます。一方、オルニチンはアンモニアの分解に役立ち、疲労を回復してくれる成分です。

 

やはり肝臓が担当している解毒作用を助けてくれるため、肝臓が本来の働きを取り戻すことができます。
タウリンとオルニチンは、両方ともしじみに多く含まれています。

 

しじみそのものやしじみエキスを配合したサプリメントを摂取すれば、一石二鳥で脂肪肝の改善に期待が持てそうですね。ただし、肝炎などの肝機能障害を患っている人には、しじみに含まれている鉄分が悪影響をおよぼしてしまう恐れがあります。

 

医師とよく相談しつつ、サプリメントを選ぶ必要があるでしょう。タウリンとオルニチン以外にも、サポニンやセサミンは脂肪肝対策に効果的だといいます。セサミンは意外に思われるかもしれませんが、肝臓に発生しやすい活性酸素を退治するのに役立つといいます。

 

肝臓に負担のかかる食習慣はやめる!

 

脂肪肝を予防・改善するには、食べ過ぎと飲み過ぎを控えるのが一番です。ただでさえ、糖分や脂肪分が多い食に囲まれている現代の日本では、食べ過ぎているように思えなくても十分すぎる栄養を摂り過ぎている可能性があります。

 

ただし、極端に食べないダイエットをするのも禁物です。かえって肝臓に負担をかけてしまう恐れがあるため、糖分と脂肪分を控えながら栄養バランスに気を付けることが大切です。

 

栄養バランスに気を付けるのが難しいという場合は、まず食事を腹八分目で終える習慣をつけてみてはいかがでしょうか。食べる量を少し減らしてみると、満腹になるまで食べていたときより身体の感覚がスッキリしてきます。

 

すると、不思議と糖分や脂肪分を控えたくなってきて、肝臓に負担がかかる食品をセーブしやすくなってきますよ。アルコールは、どうしても止められないという場合、週に何日と決めて飲むようにするとよいでしょう。浴びるように飲むのはもってのほかですが、毎日少しずつ飲酒するというのも肝臓への負担となってしまいます。飲むときは、キッチリ量を決めて飲むようにし、休肝日も習慣づけると脂肪肝の改善につながるでしょう。

更新履歴